FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく、なんとなく

ノートを、買ってみた。

公園のブランコにひとり座り、ぱらぱらとノートを捲る。
白紙。
まだ何も書かれていない、新雪のような……いや、うん、罫線は引かれてるんだけど。

何の変哲もない、何処にでも売っているノート。
つい買ってしまったが、授業に使うノートはまだまだ余白が残っている。
はてさて何に使おうか。

ぎ、と錆付いた音を鳴らしながら少しだけブランコを漕いだ。
ノートは膝に、落とさないように小さく小さくブランコを漕ぐ。
ゆらゆら揺れながら、常人では寒くて震えてしまいそうな気温の中、ひとりでずっと考えている。
昼には青かった、けれども既に暗くて黒くて吸い込まれそうな夜空を見上げ、ふと。

「日記、とか」

何時間も考えて出した結論は、酷くありがちで。
何時間か振りに出した声は身体とは関係なく何処となく冷えていて。
何時間か前には見えなかった吐息も、気付けば真っ白に見えて。
雪女である身には関係ないが、果たして今の気温は何度だろうと疑問を抱いた。
もしかしたらこんなにも人気がないのは、今日はものすごく寒いからじゃないだろうか、とか。

「ううん、まあ、どう考えても……時間帯」

着物の袂から時計を取り出し、月の光を頼りに時間を見てみる。
深夜の、0時。
仮にも真冬の鎌倉、こんな時間に外を出歩く物好きはあまりいないだろう。
はあ、と白い吐息をひとつ。

「いいや、寝よう」

真っ白なノートと時計を着物の袂に落とし、ふらりとブランコから立ち上がる。
明日も朝から学校だ。
睡眠はある程度取っておかないと、明日地獄を見る事になる。

「……あ、そうだ」

適当な物陰に身を潜め、いざ寝ようとしたところで思い立つ。

「一行でも何か書いとこ」

ノートとペン。
今日の日付と、大まかな天気と、書いた時間。
そして、一言。

〝今日は公園で寝る〟

それだけ記して、眠りに落ちた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

細氷・六華

Author:細氷・六華
株式会社トミーウォーカーのPBW『TW2:シルバーレイン』のキャラクターブログです。
この手のゲームが好きでない方、なりきりとかが好きでない方はお気をつけくださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。